良質で適度な睡眠が重要な4つの理由と睡眠時間の目安

良質で適度な睡眠が重要な4つの理由と睡眠時間の目安

睡眠が健康にとって重要な事は知られていますが、睡眠不足が招く弊害・影響については意外と知られていません。本記事では良質で適度な時間の睡眠が重要な4つの理由についてまとめてみました。

 

また睡眠は時間のみではなく、良質な睡眠出る事が必要ですが、最後に必要とされる睡眠時間についても記載しておきたいと思います。

 

脳の機能を低下させる

 

睡眠不足は脳の働きを低下させ、判断力や問題解決力を低下させます。また長期にわたる睡眠不足は、精神を不安定にさせ最悪の場合には、うつ病などの精神疾患を生じさせることがあります。
脳はとても脆弱なもので、睡眠を適切に取り、疲れた脳を休息させて翌日に向け回復させる事が必要なのです。

 

生活習慣病を引き起こしやすくなる

 

人体の体内では生命を維持するために各種の物質を合成・分解しています。これが代謝と言われるもので、一般的には睡眠時に酵素の働きにより促進されています。睡眠が不足するとこの代謝に障害を起こし、高血圧、糖尿病、肥満などの生活習慣病にかかりやすくなってしまいます。

 

免疫力低下を招きやすくなる

 

良質な睡眠を取る事で、睡眠中に成長ホルモンが分泌されます。この成長ホルモンの働きには、細胞の新陳代謝を促す効果があり、これが免疫力を高める効果をもたらしています。従って睡眠が不足すると、成長ホルモンの分泌が少なくなり、免疫力の低下を招き、がんや感染症になりやすくなる。

 

肌荒れや老化を進行させる

 

先に記載した、睡眠不足による細胞の新陳代謝が不活発になる事で、肌荒れの原因となります。さらに、成長ホルモンの分泌が減る事による新陳代謝の衰えと合わせ、夜間や睡眠中に分泌されるべき活性酸素の無毒化を担うメラトニンというホルモンが分泌されにくくなり、これが老化を進める原因となってしまうのです。

 

睡眠不足にならない睡眠時間の目安

 

必要な睡眠時間は、良質な睡眠を取り易いか否かとの関係もあり、個人差が大きいものです。しかし、一般的に知られている様に8時間程度は必要とされています。幼少期にはこれよりも長い睡眠時間が必要で、成人になると歳と共に必要時間は短くなると言われており、7時間も取れば十分とされています。"